クック諸島への渡航について 2022年5月12日更新


現在、ニュージーランド・オークランド経由の航空便が就航しており、双方向のQFT(Quarantine Free Travel)により、両端での検疫や隔離はありません。シドニー、ロサンゼルス、パペーテからの直行便の就航開始日は未定です。

*****

クック諸島時間での入国条件について、以下の通り変更になりました。

◆5月1日より、すべての国際線到着者に対し、出国前検査結果の提出が廃止されました。
◆5月1日より、ラロトンガからアイツタキへの国内旅行において、出発前検査が免除されます。
◆5月1日より、ラロトンガからアイツタキへの国内線において、ワクチン接種義務が免除されます。
◆6月2日より、ジェットスターはオークランド経由でクック諸島へのフライトを再開します。

*****

旅行入国条件

空路でクック諸島を訪問する場合、以下の条件を満たす必要があります。

◆予防接種を受け、接種国から発行された正式な証明書を提出すること。
◆出発から96時間以内にオンラインのCOVID-19情報フォームに記入すること。
◆クック諸島の通常の入国要件を満たしていること。

****

ワクチン接種の免除

以下の渡航者は、クック諸島への入国に必要な予防接種が免除されます。

◆クック諸島在住または永住権保持者(証明書を提示する必要があります)。
◆16歳未満の方
◆クック諸島保健省またはニュージーランド保健省長官から予防接種の免除を受けている者。

*****

さらに詳しく